へるす・まねじめんと

1年半で15kg太って、スーツ入らなくなって思った、”このままじゃだめだ”。

ランニングのダイエット効率について考えてみる。短期と長期で変わるランニングの効果。

f:id:muscle-dieter:20190407135111p:plain

 

 

ダイエットをしようと思うのだけれども、
やっぱりランニングした方がいいのかな?
ランニングのダイエットの効率ってどんな感じなんだろう?

 

こんな疑問について考えてみます。

 

 

ダイエットにはランニングをするという風潮

ダイエットを行うために運動をしようと思った時に、
多くの人が考えるであろうトレーニングがランニングだと思います。

 

痩せるためには走った方がいい、なんて聞くことも多いのではないでしょうか?

 

ダイエットの大原則を踏まえると
もちろん消費カロリーを増やすという点で、
ダイエットに効果的であると言えます。

 

しかし、ランニングはダイエットにおいて効率的なのでしょうか?

 

www.herumane.com

 

実はランニングにもあるデメリット

ランニングの消費カロリーはおおよそ
「体重×距離」と言われています。

 

例えば体重70キロの人が10キロ走るとだいたい700kcalです。
一方、体脂肪を落とすために必要なカロリーはだいたい7200kcalです。

 

必死に100キロ走って1キロ痩せるようなイメージになりますね。

 

必死に走れば痩せるみたいなイメージはこういった根拠からきており、 

ランニングは確かにダイエットに効果的と言えるのではないでしょうか。

 

しかし、無酸素運動でつけた筋肉の基礎代謝の向上のインパクトに比べると、
ランニングのインパクトの方が小さいので、
どうせ運動するなら筋トレした方が効率的になります。

 

もっと大きな問題があります。

 

ランニングのみでダイエットを行ってしまうと、
体脂肪と一緒に筋肉もなくなってしまう可能性が高いです。

 

そのため体脂肪を燃やしてくれる筋肉がなくなってしまい、
体にハリがなくなりだらしなくなっていく上に、
同じ運動量なのに消費するカロリーは
どんどん下がっていくという悪循環に陥っていく可能性があります。

 

そのような可能性を踏まえると
ランニングはダイエット効率が悪いと言えます。

 

短期と長期でみるときのダイエット効率の違い

全般的にランニングのダイエット効率は悪いと言えます。
それはダイエットに絶対的に必要な筋肉がなくなる可能性が高いからです。

 

極論をいうと、
「ダイエットには栄養考えつつ筋トレやるのが一番です。」
が正解になりますよね笑

 

しかし、短期視点と長期視点をもって考えるとまた話が変わってきます。

 

長期視点だと、ランニングよりも筋肉を鍛えた方がいいという結論になります。

 

ただ、短期視点だとダイエットにおいて
ランニングはかなり強烈なインパクトを持つと考えています。

 

普通ダイエットを始めるとき、
何年も筋トレして体重を落とそうとか
そのレベルでものを考えないと思うんですよね。

 

数ヶ月で体重を何キロ落とそうとかそのレベルです。

 

ボディビルダーになる!
みたいな気概を持ってダイエットをやっていないので、
そんなに年単位の長期でダイエットに試みたりしないのです。

 

その意識を前提とすると、
1ヶ月必死に筋トレして1キロ減、
むしろ逆に増えるケースもあるかもしれません。

そのレベルの結果しか出ない状態で
ダイエットを続けるメンタルがもたない方も多いような気がします。

 

逆にその初期段階に必死に食事制限とランニングをすれば、
2週間程度で3キロ以上痩せることができるかもしれません。

 

もちろん、筋肉も減っているので
その状態から無酸素運動で筋肉を作ってく必要があります。

 

しかし、この減量できているという達成感は
引き続きダイエットをおこなうための
強いモチベーションになるものだと考えています。

 

まとめ

最初の1ヶ月は食事制限とランニングで、
体脂肪とともに筋肉も落としていくやり方で、
先に「減量」という結果を求める形はありだと思いますし、
メンタルを含めて考えた時むしろ効率的なのだと考えます。

 

しかし、あくまでも少し結果が出るレベルで抑えるべきです。

 

筋肉が減るダイエットは長期的には圧倒的に非効率ですし、
逆にそれで目標体重にたどり着いても、
求めていた体とはかけ離れていると思います。

 

数キロ減量ができたら、
だんだん無酸素運動を意識していくことをお勧めします。