へるす・まねじめんと

1年半で15kg太って、スーツ入らなくなって思った、”このままじゃだめだ”。

ダイエットで部分痩せができるって本当なの?嘘なの?よくあるダイエットの勘違い!

f:id:muscle-dieter:20190328080805p:plain

 

 

ダイエットで部分痩せができるってよく聞くけど、
部分痩せって本当にできるの?嘘なの?
そこらへん、知りたいなぁ。

 

今回はこの疑問について考えてみます。

 

 

ダイエットで部分痩せができるは嘘!

Twitterを見ていると女性を中心に、
部分痩せ希望のツイートが多いような印象を受けます。

 

しかし、結論からいうと、
体脂肪が燃焼するメカニズム的に考えると、

人間は部分痩せできないのです、残念ながら。

 

ダイエットビジネスでは部分痩せってワードを使うと、
食いつきがいいので部分痩せっていう言葉が使われるみたいですね。

 

なので、部分痩せという言葉で推されている商品は、
信ぴょう性が薄いのであまり使わない方がいいですね。

 

今回はダイエットで部分痩せができるというのは
嘘であるということを前提に、
その理由と部分的に体を変化させる方法をご紹介します。

 

部分痩せができない理由

ダイエットで部分痩せができない理由は
人間の脂肪は1部分から減っていくのではなく、
全体的に減っていくメカニズムを持っているからです。

 

体脂肪が燃焼するメカニズムは
運動することでエネルギーが足りなくなる。
→体脂肪が分解されて遊離脂肪酸になる。
ミトコンドリアに運ばれて燃焼される。
→痩せる。

 

といった流れになるのですが、
これが一部分の脂肪から行われたら、恐ろしいことです。

 

右手だけ脂肪で左手の2倍ある!とか
お腹以外は相撲取り並みに太いのに、お腹周りだけガリガリ

 

とか極端に不自然な体の人がでてきてもおかしくなくなってしまいます。

 

メリハリのある体になるために

部分痩せの背景にある思いはおそらく、
メリハリボディーになりたいということだと思います。

 

お腹だけ痩せてくれればくびれができる!とか
足だけ痩せてくれればスカートが似合うのにとか
そんな感じだと思います。

 

実際のところ部分痩せはできませんが、
ボディメイキングでメリハリのある体にすることはできます。

 

それは部分痩せでつくるのではなく、筋肉でつくるのです。

 

除脂肪の考え方

除脂肪とはダイエットの考え方になりますが、
筋トレで筋肉をつけて基礎代謝をあげ、
運動と食生活も加え少しずつ脂肪を取り除いていく考え方です。

 

最終的に脂肪が減り、筋肉によって
良いプロポーションを築くことができます。


痩せるのではなく筋肉をつけることでメリハリを作っていくのです。

 

女性はマッチョになかなかなれない

このような話になると、
いやいやマッチョになりたくないから筋トレとか無理だよ!
と思われる女性の方もいるかもしれません。

 

安心してください。
女性はなかなかマッチョになれません。

 

ホルモン上の問題で女性の方は死ぬほど頑張ってトレーニングしても、
なかなか筋肉を増やすことができません。

 

筋肉がつくことでマッチョになるのではなく、
筋肉がつくことで程よく引き締まった体になるのです。

 

芸能人でいうと、ローラさんがいい例だと思います。
筋肉で体が引き締まっていますよね。

 

筋肉をつける方法

筋肉をつけるには筋トレとそれを手助けする
サプリメントの摂取をお勧めします。

 

何よりも筋トレが筋肉をつける最大の手段です。
回数ではなく、限界に挑戦し続けることで
筋肉を肥大化させることができます。

 

サプリメントプロテインとBCAAをおすすめします。

 

プロテインはタンパク質(プロテイン)を抽出したサプリメントです。
ホエイ、カゼイン、ソイなどの種類があります。
消化吸収の速度が速く、必須アミノ酸の中でも
重要なBCAAを多く含むホエイプロテインは特にお勧めです。 

 

BCAAとは、分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acid)の
頭文字をとったもので、アミノ酸の中でも特に重要とされる
必須アミノ酸」9種類のうち、とりわけ重要な
バリン・ロイシン・イソロイシンの3つをさします。

 

BCAAは筋肉を構成する材料となるだけでなく、
運動中の筋肉分解を抑え、運動後の筋肉の合成を
促す制御作用もあるので、運動前や運動中に摂取すれば、
筋肉の疲労回復に効果的です。

 

BCAAとプロテインは筋トレやるならとりあえず飲んどけ!
って言われるものになるので、
とりあえず飲んでおくことをおすすめします笑

 

お腹を部分的にメリハリのある体を作る方法

男女ともに言えることですが、
脂肪を減らすことでウエストを細くすることは
非常に難易度が高く、かつ限界があります。

 

プロポーションは体の各部位の大きさの比によってきまります。

 

そのため肩や背中を大きくして、かつお腹は絞っていく。

この両方を行うことで逆三角の体は作りやすくなります。

 

お腹だけでなく、背中や肩にも意識を向けることが必要になります。

 

胸や肩を鍛えることで逆三角の上の部分を大きくしつつ、
エストも引き締めることで、
プロポーションは大きく変化させることができます。