へるす・まねじめんと

1年半で15kg太って、スーツ入らなくなって思った、”このままじゃだめだ”。

段階をわけてダイエットをする

 

モチベーションを保ちながらダイエットする方法で、

おすすめしたいのが、段階を分けてダイエットをすることです。

 

前提としてもってほしい意識として、

最終的な形はダイエット前よりも筋肉を増やす、

もしくは筋肉を維持している必要があります。

 

その大きな理由はリバウンドをしないためです。

 

詳しくはこちらに記載してありますので、
目を通してみてください。

 

www.herumane.com

 

最終的には筋肉がある状態で、

希望の体重になっており、見た目もしっかり

ボディメイキングされていることが目標です。

 

それをいくつかの段階にわけて、

モチベーションを保てる範囲で続けていきます。

 

ダイエット前期:体重をおとそう!

いざダイエットをはじめよう!と思ったら

何よりも落としたいのが”体重”ですよね。

 

本当は体重は気にせず、体脂肪率

体の形を基準に筋トレしてダイエットを

することができれば一番効率的な方法だと思います。

 

しかし、日本においていい体の基準は体重だと思いますし、

”ダイエット=体重を減らす”と

いう考えは根付いていると思います。

 

無理なダイエットは筋肉を減らすとか、

健康によくないとかもろもろの反論はあるとおもうのですが、

難しいことは考えず無理して体重減らしてしまいましょう。

 

タンパク質量だけは意識しつつ、

あとは栄養バランスや筋肉なんて一切気にせず、

ダイエットしてみましょう。

 

頑張って有酸素運動してください。

走ってください。

痩せます。

 

2-3週間で3kg程度は減らせると思います。

 

頑張れば痩せられるんだ!という感覚を手にして、

モチベーションを高めていきましょう。

 

ダイエット中期:食事管理と筋トレと有酸素運動をしましょう。

この段階での目的は体重を維持して、

新しい体重を体に覚えさせることと、

ゆっくり筋肉をつけて筋肉を増やしていくことです。

 

この段階ではほとんど体重は変わらないでしょう。

 

しかし、それまで数週間程度続けることができたということと、

体重を減らすことができたという結果を手にしているので、

進捗が遅いと感じられても比較的苦だと思わず続けられるものと思います。

 

食事管理と筋トレと有酸素運動をしていきましょう。

 

筋肉をつけつつ、少しずつ体重を落としていきます。

 

ダイエット後期:筋肉トレで体重を落としていきましょう。

ここからは理想のダイエットと同じになります。

 

食事管理と筋トレで体を絞りながら体重を落としていきましょう。

 

ここまで食事管理と筋トレをしてきたのなら、

この段階に苦を感じることはないのではないでしょうか。

 

むしろ筋トレをすることを楽しく感じているかもしれません。

 

まとめ

どこを目標にしているかにもよると思いますが、

健康的に、かつボディメイキングをしつつ

リバウンドをしない体を作ろうと思うと、

どうしても長期間の取り組みが必要になります。

 

逆にいうと続けることができれば、

栄養管理や筋トレのやり方が不十分でも、

結果は出てくると思います。

 

重要になってくるのはモチベーションの維持になります。

 

うまく続けられる方法を確立させることが重要です。