へるす・まねじめんと

1年半で15kg太って、スーツ入らなくなって思った、”このままじゃだめだ”。

長続きさせるためのジムの選び方

 

ダイエットをしている間はジムにいる時間が

どうしても増えていきます。

 

それだけに、ジム選びはダイエットを

成功させるための大きな要因であると言えます。

 

ジムの選び方のポイント① 場所

自宅からもしくは職場から近いジムを選んだ方がいいです。

自宅と職場の間であることも重要かもしれません。

 

筋肉をつけてダイエットしようと思うと、

最低でも3ヶ月、ジム通いが習慣となれば、

数年通うなんてこともあるかもしれません。

 

そう考えると、当然ですが「通い続ける」という点が

もっとも重要なポイントになります。

 

モチベーションが低くても無理やりジムにいったら、

不思議とやる気が出てきたなんてこともありますが、

遠いところだと無理やりジムにいくことが

億劫になることもあると思います。

 

ジムを選ぶ際は何よりも場所が重要です。

 

ジムの選び方のポイント② 営業時間

「通い続ける」ためには自分が

筋トレしたい時間に営業していることが必要です。

 

仕事終わりでも間に合うか、朝トレは可能か、休みはいつなのか。

 

意外にもジムによって営業をしている時間帯はバラバラです。

 

24時間空いているところもあれば、

土日祝日で営業時間が変わるところもあります。

 

自分にあった場所を選びましょう。

 

ジムの選び方のポイント③ 費用

月会費が8000円から10000円で高級ジム、

月会費が6000円から8000円で中堅ジム、

公営のジムだともう少しやすくなります。

 

私は今までいくつかジムに通ってきましたが、

やはり高級ジムの方が続けやすいと感じます。

 

まず重要なポイントとして、

マシーンの種類の数が圧倒的に異なります。

 

ダンベルの数が少なかったりすると、

自分にあった重さがなくて困ったりします。

 

高級ジムは個別の鍵付きロッカーがあったり、

シャワーだけでなくサウナや人工温泉があったり、

いたせりつくせりのところがあります。

 

お財布との相談になると思いますが、

「続かせる」という視点で考えると、

やはり高級ジムのほうがやりやすいです。

 

まとめ

そのほかトレーナーさんとの関係だったり、

仲間内の関係性だったり、

ジムによって雰囲気は大きく異なります。

 

同じジムでも場所によって雰囲気は異なると思います。

 

私が行っているジムは田舎ということもあり、

高齢者の方が非常に多いです。

 

スーパームキムキおじいちゃんが結構います。

 

イケメントレーナーさんがそこそこいるので、

パーソナルトレーナーをつけている

おばさまたちがとても多いです。

 

東京のジムではこんな景色はなかったなぁと感じます。

 

ジムによって機材や雰囲気、

やりやすさは異なってくると思います。

 

ぜひ続けられるジムを選んでください。