へるす・まねじめんと

1年半で15kg太って、スーツ入らなくなって思った、”このままじゃだめだ”。

お酒って太るの?太らないの?

 

お酒が持っているカロリーについて

お酒にはアルコールが入っています。

このアルコールという成分は

1gにつき7kcalのエネルギーを発します。

 

しかし、アルコールのカロリーは

「エンプティーカロリー」とよばれ、

体温上昇に優先して使われます。

 

そのため、アルコール単体で太るかと言われると、

太らないという回答が答えとなります。

 

飲むお酒の種類は考えるべき

アルコール自体は太らないのですが、

アルコール以外の成分で太ることはあります。

 

例えば、ビールには比較的炭水化物(糖質)が多く入っています。

缶酎ハイの甘さは基本的にはシロップなのでそこでカロリーが発生します。

 

お酒の製造方法によってお酒の分類が異なるのですが、

醸造酒」よりも「蒸留酒」を選ぶことが

お酒を飲むときのポイントになります。

 

ある原料を酵母として、アルコール発酵させて作るお酒を「醸造酒」、

その醸造酒を一度蒸発させたものを「蒸留酒」と分類されています。

 

ですので、アルコール度数が高いイメージがあるお酒が蒸留酒になります。

 

代表例としては、ブランデー、焼酎、ウイスキー、ジン、ウォッカ

などが蒸留酒に当てはまります。

 

蒸留酒はアルコールを凝縮させていたるので、

余分なものが入っていないイメージですね。

 

なので、ダイエットにはこの辺りのお酒を選ぶといいでしょう。

 

問題点1: つまみは太る

アルコールでは太らないのですが、

お酒を飲む席ではつまみもあります。

 

また、飲酒中は気づかぬうちにつまみを

多くたべていることも少なくないです。

 

問題点2: 脂肪になりやすい

飲酒中はアルコールから

生まれるエンプティーカロリーを

優先して燃焼します。

 

そのため、つまみなどのカロリーの燃焼は

必然的に後回しにされます。

 

そのため、後回しにされたカロリーが

脂肪になりやすいといった問題点があります。

 

まとめ

アルコール自体で太ることはありません。

 

しかし、アルコールが入ると気が緩んでしまい、

いつも以上に食べてしまったり、普段なら食べない高カロリーのものを

食べてしまうといったリスクが存在します。

 

その上、必要以上食べたものは脂肪になる可能性が高いです。

 

そのため、ダイエットにおいてはあまり飲まない方がいいと思います。

 

もし、どうしてもお酒を飲む必要がある場合は、

蒸留酒などのお酒で対応するといいでしょう。