へるす・まねじめんと

1年半で15kg太って、スーツ入らなくなって思った、”このままじゃだめだ”。

知らなかったではすまされない間違ったダイエット方法のリスク

 

管理人が体験した間違ったダイエット方法のリスク

私はもともとダイエットは

頑張れば簡単にできるものだと思っていました。

 

巷で「1ヶ月で10kg減量成功!」なんて

キャッチフレーズ見かけませんか?

 

なるほど根性を出せばこの位いけるのか、と。

 

実際に1ヶ月半で8kgの減量をすることができましたが、

その結果には多くの課題が残るものとなりました。

 

私は減量からボディメイキングへと舵をきったことで、

具体的なリスクは表面化していません。

 

しかし間違ったダイエット方法でシャレにならない被害を

受けている方も多いという話です。

 

リスクに関しては念頭に置いた方がいいでしょう。

 

間違ったダイエット方法のリスク

リバウンドの可能性が上がる

一気に減量をしたときに、体から無くなっているのは、

脂肪ではなく筋肉です。

 

筋肉は人間の消費カロリーの源泉になっています。

 

筋肉が減るということは、

つまり消費カロリーが減るということです。

 

そのため、ダイエットを終了すると、
一気に元に戻ってしまう可能性が高くなります。

 

その上ダイエットする前より、消費カロリーが減っているので、

その分痩せにくくなる体をつくってしまう可能性があります。

 

酵素ダイエットや食事制限、

断食ダイエットやファスティング等、

筋肉を増やすということを謳っていないダイエットは、

同じことが言えるので、注意して下さい。

 

メンタル面に影響が出る

間違ったダイエットでダイエットが

うまく行かず自分はやってもできないんだと

自己嫌悪に陥ってしまう人。

 

過度のダイエットによって

過食や拒食に陥ってしまう人。

 

間違ったダイエット方法によって、

影響が出るのは体型に限ったことではなく、

精神面にも響くということを覚えておいた方がいいと思います。

 

日本の場合、「痩せている=綺麗・かっこいい」

という風潮があることは間違いないと思います。

 

その風潮に乗っかり、無理なダイエットを行い、

過度に痩せてしまい、精神に影響を与えているという方は、

少なくないのではないかと思います。

 

誤った筋肉や栄養の知識でダイエットで、

取り返しのつかないことになることも

ありますので注意してください。