へるす・まねじめんと

1年半で15kg太って、スーツ入らなくなって思った、”このままじゃだめだ”。

体重を減らすことが本当の目標?後悔しない目標設定

 

頑張った結果が残念な結果だった最初のダイエット

まず最初に管理人の経験談をお伝えします。

 

ベンチャー企業ですごし、不規則な生活をするうちに、

1年半で15kg太ってしまいました。

 

流石にこれはまずいと思い、

そこから食事制限、ランニングをストイックに行い、

1月半で8kgの減量に成功しました。

 

しかし、現実は厳しいもので、

8kg減量に成功した自分の体はみるに耐えないものでした。

 

食事制限かつ急激に減量したため、脂肪ではなく筋肉が落ち、

見た目はひょろひょろ、お腹周りはたぷんたぷんしていました。

 

ジムに行き、しっかり運動して、

食事もカロリーを気にして、基礎代謝分よりも低くとり、

睡眠もしっかり8時間以上とるよう心がけました。

 

カロリーを気にした食生活・毎日の運動・良質な睡眠

 

どれも一般的に言われているものではないでしょうか?

 

それをやり遂げた自分に待っていた結果は、

自分が望んでいたものとは異なっていました。

 

では、自分が目標に置いていたのはなんだったか?

「ダイエットをして体重を減らそう!」

ぼんやり思い描いていたこの目標。

 

この目標は正しくなかったのです。

 

体重を減らすことが目標なのではなく、

見た目が綺麗な体を作ること、これが私の本当の目標でした。

 

なんとなく、
「体重が減らす=見た目が綺麗な体になる」

と思い込んでいました。

 

しかし、実際は、

「体重を減らす≠見た目が綺麗な体になる」

でした。

 

後悔しない目標設定

案外この目標の部分が間違っている人は

多いのではないでしょうか?

 

あなたは痩せたいのでしょうか?

あなたは単に体重を落としたいのでしょうか?

 

それとも、

きれいな、かっこいいボディラインを作りたいのでしょうか?

メリハリのある体になって、見た目を綺麗にしたいのでしょうか?

 

「痩せている=美しい・かっこいい」

という概念は比較的広まっている感覚がありますが、

実際のところ、体重を落とすことと

ボディーメイクをすることは異なります。

 

当ブログのスタンス

当ブログは単純に体重を落とすということを目標に置いていません。

ダイエットをして、綺麗な体を作り出すことを目標としています。

 

それにより、体重が落ちることは多々あると思いますが、

それは副次的なものというスタンスをとっています。