へるす・まねじめんと

1年半で15kg太って、スーツ入らなくなって思った、”このままじゃだめだ”。

意外と勘違いしがちなダイエットの大原則

 

 

ダイエットの大原則

ダイエットを行う上で一番重要な原則は、

体重の変化は摂取カロリーと消費カロリーの関係で

成り立つということです。

 

「摂取カロリー<消費カロリー」なら痩せる。

「摂取カロリー=消費カロリー」なら変化しない。

「摂取カロリー>消費カロリー」なら太る。

 

当たり前といえば当たり前ですが、
意外と忘れられがちな原則です。

 

よく考えて欲しい世に出回っている言葉

この大原則にそって考えてみると、

世の中に出回っている情報が

案外間違っていることがわかります。

 

ラーメンが太る。

ケーキが太る。

牛丼が太る。

 

食べても痩せられる!

××ならいくら食べても大丈夫!

 

こんな言葉が当てはまるかどうかは、
状況によるに決まっています。

 

フルマラソンした後に少しケーキを食べても、
むしろ痩せるでしょうし、

いくら食べても大丈夫と言われているものも、

消費カロリー分をこえてしまえば太ります。

 

当たり前だけれども、
全てに当てはまるこの原則を忘れずに

おくことが大切なことです。